Yoakemae Blog

フィルムカメラ修理・販売のヨアケマエカメラ店主のブログ

ミノルタレポの修理レポート

f:id:yoakemaecamera:20180416181919j:plain

ダジャレのようなタイトルで失礼しました。ミノルタレポはヨアケマエカメラ一押しのハーフカメラであり、中の人がレンズシャッター修理の基礎を学んだカメラです。オリンパスのペンやリコーのオートハーフと比べて若干マイナーであるという点も含め、なにかと思い入れが強く、気がつくと仕入れているのですが売れるのに時間がかかる、どうにかしてメジャーにしてやりたいと思いこの記事を書かせていただきます。

f:id:yoakemaecamera:20180416182015j:plain

修理レポートであれば細かく順を追って修理の様子をお伝えするのも良いのですが、そういう記事はネット上にたくさんありますので、要点のみをかいつまんでいこうと思います。上の写真は後日入荷予定のレポ(ブラック)の修理風景です。この個体はシャッター周りの不具合に加え、セレンメーターの不調、レンズの汚れなどがありましたので、見ての通りほとんどの部品を外してバラバラにしています。ここで汚れた部品の清掃や劣化したモルトの交換を行います。

f:id:yoakemaecamera:20180416181928j:plain

これはファインダーとセレンメーターのユニットです。運良くセレンが動作するストックを持っていましたので、交換のみで済ませています。

f:id:yoakemaecamera:20180416181943j:plain

3枚構成のレンズは後玉に何かしらの症状(くもり、カビ、コーティングの劣化など)がみられる場合が非常に多いです。今回はコーティングの劣化がみられ、まだら模様に見えるような状態だったので、軽く研磨してコーティングを取り去っています。

f:id:yoakemaecamera:20180416182003j:plain

シャッター羽根、絞り羽根の固着もミノルタレポの修理あるあるです。紙コップに入れてベンジンで洗浄しています。

 

こんな感じで不具合への対処が完了し、組み直して完成です。もし同様の修理依頼をお受けするのであれば、代金は12000円程度になります。ファインダーとセレンメーターのユニットのような重要なパーツの交換が必要なければ10000円以内に収まると思います。ご依頼は以下のお問い合わせフォームよりお待ちしております。

お問い合わせ | ヨアケマエカメラ

 

今回修理したミノルタレポは後日入荷予定です。ツイッターやインスタグラムでお知らせしていますので、フォローよろしくお願いします。

 

 一年くらい前に書いたレポについての記事はこちらです。