Yoakemae Blog

フィルムカメラ修理・販売のヨアケマエカメラ店主のブログ

Minolta Repo

f:id:yoakemaecamera:20170705221003j:plain

ハーフカメラと聞いて、オリンパスのペンやリコーのオートハーフを思い浮かべる方は多くいると思いますが、ヨアケマエカメラがオススメしたいのは今回入荷したミノルタのRepo(レポ)です。

ミノルタらしい直線を基調としたボディと、ハーフカメラには勿体無いほどよく写るロッコール30mm F2.8のレンズの組み合わせは、ハーフカメラが欲しいけどペンやオートハーフはかわいすぎてちょっと、、と思っている男性の方などにおすすめです。

f:id:yoakemaecamera:20170705221023j:plain

ボディ上部には追針式のセレン露出計の窓があり、赤い針の位置にレンズ周辺の操作リングと連動した緑の針を合わせると適正露出が得られる仕組みになっています。対応するISO感度は400までです。

 

発売されたのは1963年、今回入荷したものは後期型で、初期型に比べると、正面から見たときの両肩の部分が低く、オリンパスペンを意識したものとなっています。レポというネーミングは、1949年に発売された「メモ」というカメラの発展型という位置付けと思われます。撮影枚数が多いハーフカメラの特徴を生かして、記録するように風景を気軽に撮影する、というような意味合いがあるのでしょう。

以下のリンクから商品ページに移動できます。

camera.yoakemae.shop

 

このカメラの修理も受け付けています。セレン露出系の針が光に反応して動いていれば使える状態にできます。レンズやファインダーのガラスのくもりに完全に綺麗になるかどうかわかりませんが、清掃してある程度綺麗にすることができます。オーバーホールの代金は8000円前後です。以下のお問い合わせフォームからご相談ください。

お問い合わせ | ヨアケマエカメラ